井手町商店街MAP

井手町商店街MAP

井手町フォトギャラリー

井手町フォトギャラリーMAP

いでたんのご紹介

いでたんのことtが詳しくのってるよ!

会員ログイン

井手町商工会

商工会会員ページログイン

SHIFT

関連リンク

  • イベント

  • 特産品

その他

竹その生命力
 水津川沿いを走る国道二十四号線を、京都方面から山城大橋にさしかかると左手に一面の孟宗竹林が広がります。かつて山城タケノコの産地として名を馳せた井手町一帯は今、タケノコ農家も年々減少し放置竹林が増加の一途をたどるばっかりとなっています。一町歩(1ヘクタール)の孟宗竹林は、平均すると1年で周囲に4メートルずつ面積を広げて行くと言われています。10年後には元の面積の約二倍になる勘定です。こうして放置されて怒り始めた竹林は、 杉や桧の植林地を浸蝕したり、里山を含む雑木林の貴重な生態系を崩壊し始めているのです。
 4〜5年生以上の古竹を適度に間伐し、景観的にも美しく保つことによって竹林は人々にとって癒しの場として生まれ変わり、豊かな恩恵を与えてくれるのです。 ???

  ??? 竹炭、竹酢液の効果
 わずか2ヶ月で15メートルほどの高さにまで成長する孟宗竹は、毎年定期的に収穫できるという優れた再生能力を持った資源です。この竹を熱分解することによって竹炭が生まれ、竹炭の焼成過程で出る煙から採れる乾留液が竹酢液となります。
 備長炭のおよそ2〜3倍の細胞比表面積を有する超多孔質の竹炭は、その還元作用と優れた吸収能力で排気ガスや産業廃棄物などにより酸化汚染された環境を浄化し、電磁波に対する抵抗力や遮蔽機能、遠赤外線による生活環境改善などに素晴らしい効果を発揮します。竹に含まれる豊かなミネラルも炭となって凝縮されて含有し、必要に応じてわたしたちに提供してくれます。
 また竹酢液は、主な成分として30種類、厳密に分析すると100種類近くの天然生成された科学物質を含む多成分系の水溶液です。消臭・殺菌・消炎効、果は古くから民間療法的に利用され、近年では代替治療薬として医療の現場でも使われ始めています。
 竹炭、竹酢液は農業分野でも素晴らしい効果を提供してくれます。土中バクテリアの活性化や土壌改良材として有機農法や減農薬農法に欠かせない素材として重宝されています。 ???  

??? 使って安心、京竹炭の竹炭竹酢液
”京竹炭”では、良質の土を選んで構築された2基の炭窯で用途に応じた焼成温度に炭を焼き上げています。竹酢液の採取においても適正温度域を正確に守り、安心して使っていただける製品を提供しています。京都大学木質化学研究所野村研究室と常に連携を取り、竹炭や竹酢液の分析も定期的に行われています。
 炭にする竹の質を均質化させるとともに、竹の伐採時期を選ばず年間を通じて生産を可能にする燻煙熱処理窯を有するのも、他にあまり類を見ない”京竹炭”の特徴です。
 ”京竹炭”の炭焼技術は各方面から評価され、その技術の習得に訪れる人々も多くなってきました。
 竹炭と竹酢液を利用した二次製品の生産など、豊富な竹を基盤とした産業連環は井手町の活性化につながるものと期待されています。

一覧へ戻る

お問い合わせ先

〒610-0302 京都府綴喜郡井手町井手橋ノ本14-3
TEL(0774)82-4073
FAX(0774)82-5410

メールでのお問い合わせはこちら